2008年09月26日

汚染された電灯線ライン。

我が家の電灯線は、なにが原因か調べきれていないのですが意味不明な電波が200KHz〜3MHzぐらいの間に散在する形でかなりの強度で乗っています。

よって、JRCのNRD-515や小林DH-18など、AC100Vを電源とする受信機がローバンドでことごとく使用不能であり、ローバンドではもっぱらDEGENのDE1103という中華ラジオを電池駆動で使っていました。

が、NRD-515が使えないのはどう考えてももったいないので、先日ダメもとでノイズ・雷サージプロテクタ【SFU-005-3P】というものを買ってみました。

まぁ気休めぐらいにはなるかな? みたいな程度の期待感で早速使ってみますとなんと驚くべき効果!
今まで、NRD-515では電灯線ノイズに埋もれて確認すらできなかった東京マーチス(1665KHz)がいきなりメリット5で受信可能に。灯台放送も「はちじょうじま」「のじま」「いぬぼう」は真昼間から受信できるようになりました。

すごい威力です。これでようやくNRD-515も、DE1103並に使えるような環境になりました。

これに気をよくして先日3SK35プリアンプをアルミシャーシに入れ実戦投入し、MFJのDSPユニットやらアンテナチューナーやらを、本日発注しました。

これからのローバンドシーズンに向け受信環境の整備を本格開始です。
落ち着きましたらあらためてご紹介したいと思います。

いやしかし電灯線からのノイズ遮断にSFU-005-3Pは本当にお勧めです。
posted by 我楽思案 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信環境
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20050333

この記事へのトラックバック